レビトラとバイアグラの違いは?

レビトラとバイアグラどっちがいいの?

MENU

ED薬としてのレビトラとバイアグラの違い

世界で最も早く承認されたED治療薬はもちろんファイザー製薬のバイアグラです。
日本では1999年1月25日に厚生労働省より医療用医薬品としての認可を受け、発売されています。

 

 

この時の認可は通常の新薬では他に例を見ないほどスピーディーに行われましたので記憶に新しい方もいらっしゃると思います。
このスピード承認の背景には個人輸入でバイアグラを入手する人が急増し、ろくに使用方法も分からないままに服用して心停止にいたる事故などが発生してしまったことによるものです。
レビトラ、バイアグラ、シアリスは「三大ED治療薬」とも呼ばれ、それぞれ微妙に効果に違いがあることから各剤とも多くの固定したファンを持っています。
バイアグラにしてもレビトラにしてもしっかりとしたお医者さんの処方を守って使用する限りは決して危険な薬ではありません。

 

レビトラはバイアグラに遅れること5年、日本では2005年に厚生労働省によって認証され、

 

バエルン社から販売されました。
レビトラが発売されるまでの5年間はまさにバイアグラの独壇場で、

 

発売された当初などは入手しにくい薬であるとしてプレミアがついた価格で正規品が取引されることなどもあったようです。

 

 

しかし第2弾となるレビトラが発売されると、これまでのバイアグラに飽き足らなく感じていた人や、

 

レビトラならではの使い勝手の良さなどから、たちまちレビトラファンが増えていきました。

 

レビトラとバイアグラでは成分も異なっています。
レビトラの主成分は「バルデナフィル」ですがバイアグラは「シルデナフィル」が主な成分となっています。

 

 

しかしこれらの成分は良く似た性質を持っており、

 

EDに対する効果の現れ方においてもおおむね同様のタイプだと言えます。

バイアグラとレビトラの服用方法の違い

ED治療薬は服用方法をしっかり守ってはじめて充分な効果を得ることができます。

 

定められた服用方法を守らないと効果が得られないだけでなく、
副作用などの問題に悩まされることにもなりかねません。

 

 

とくにバイアグラは服用上の注意点がたくさんあります。

 

まず食事との関係。

 

バイアグラは食事の影響を受けやすく、服用後に食事をすると効果が大幅に低下してしまいます。

 

食後1時間程度経過した後に服用するのが理想的です。

 

 

また、服用してから効果が表れるまでに30~60分程度、
そして持続時間が4時間程度ですから、
性行為のタイミングを踏まえたうえで服用することが大事になります。

 

 

また、ニトログリセリン系の薬や硝酸剤や一酸化窒素供与剤を服用している人は使用が禁忌となっているので注意が必要です。

 

一方レビトラはバイアグラに比べると服用上の注意が引くないのが特徴です。

 

レビトラの特徴としてはまず即効性が高く15分~30分程度とすぐに効果が表れること、
食事の影響が少ないことが挙げられます。

 

 

服用上のポイントとしては、食後30分以降、
服用後30分後から効果が持続する8時間後までのタイミングを見計らうこと。

 

かなり幅があり、使い勝手のよさも大きなポイントです。

 

なお、レビトラでもニトログリセリン系の薬剤や心臓病を治療する薬剤を使用している人は使用が禁忌となっています。

 

効果を十分に発揮するために、性行為のタイミングにあわせるために、
そして副作用の問題を抱えないために。
服用方法はしっかり踏まえておく必要があるのです。

 

バイアグラ、レビトラともに使用する前にチェックしておくようにしましょう。

バイアグラ通販はインポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/